トップページへ

オリーブオイルで中性脂肪を減らす

コレステロール値や中性脂肪が高いことが気になる方には、
オレイン酸の摂取が効果的です。


オレイン酸には動脈硬化を促進させるLDLコレステロール、
いわゆる悪玉コレステロールを減らす効果や、動脈硬化を抑える働きがある、HDLコレステロール、
いわゆる善玉コレステロールを増やす働きがあります。


また、肝臓に脂肪が蓄積することも防いでくれるので、メタボ解消に非常に効果があります。


この、優れた効能を持つ、オレイン酸を70パーセント以上も含んだ油があります。
それが、オリーブオイルです。


高コレステロールを改善するためには、悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロールを増やすのが最も効果的で、それに適した食材がオリーブオイルなのです。


オリーブオイルは、その酸度によって、種類が分けられています。
酸度が低い方が、酸化しにくいため、高価になります。


中でも酸度が低いエキストラバージン・オリーブオイルは、抗酸化作用を有するフェノール酸の含有率が、
一般のオリーブオイルよりも高く、血中の中性脂肪やコレステロールなどの脂質値の改善に非常に効果があります。
中性脂肪は、運動などでは下がりにくいため、食生活の改善などが必要になります。


一般的によく使われている植物油は、リノール酸という成分が含まれています。
このリノール酸には、悪玉と善玉の両方のコレステロールを下げてしまう欠点があるため、
今使っている油をオリーブオイルに変えるのはとても有効です。